日々の投稿から

昨日届いたこの新書。夫が書いた英語の原書を読むのを正直ずっと避けていました。私が知らないもうひとりの夫を知りたくない恐怖から。命をかけて「なぜそんな馬鹿…