エハン&ソニアのWAKEUPジャーナル (2019 vol.2)

【フォースを超えて】エハン・デラヴィ

 東日本大震災から8年目となる3月11日を迎えました。 この震災により犠牲となられた全ての方々のご冥福をお祈りいたします。当初私自身も大きな心の打撃を受け、大災害のあと間もなくして、物資を積んだ4トントラックを運転して被災地の女川町に向かったことが思い出されます。まずは九州の柳川町からバイクで東京に向かいました。その後、被災地応援のための講演会と支援活動すべてをアレンジしてくださった山本那珂子さんにとても感謝しております。東京まで乗ってきたバイクと食品、大人用おむつなどでぎゅうぎゅう詰めになったトラックを走らせました。あの旅において、地球と海が私の骨に響くほどの激しい轟音をたて続けていたのを思い出します。いたるところで鼻をつく破壊の匂いがしていました。あれから8年が過ぎ、大勢の数知れないボランティアの人々や政府による復興作業が今も続けられています。

 地震も津波も自然界の〈フォース〉には変わりありません。〈パワー〉ではありません。「パワーか、フォースか」をお読みいただければ、それは明らかです。真の〈パワー〉は、愛と美に満ちたものであり、さらには叡智を秘めているからです。よって今回、皆さんにお伝えしたいのは、たとえ自然であっても、政治であっても、人間による無知なる行為であっても、常にパワーがフォースに打ち勝つようになっているというお話です。

 政治に見る現在のフォース; 私たち国民がいかに注意を払って選挙で誰を選ぶか、そして望ましくない人物を選ぶとどうなるか、これが明らかになってきています。フォースで国や世界を変えようとしても、遅かれ早かれ敗北に終わるのです。「アメリカ合衆国を再び偉大な国にしよう!」というスローガンでトランプ氏を大統領に選んだアメリカなのですが、まさに「フォースによって、アメリカ合衆国を再び偉大な国にしよう!」だったのですね。守ることのできない国民への約束とともに、EU離脱に関する誤った理解を国民に植え付けたイギリスのメイ首相も同じです。彼女も国民よりも自分が属する政党を重視したからです。両者共々、〈フォース〉によるコントロールの効かない過ちを犯しているのです。最近の調査によると、アメリカもイギリスも世界から嘲笑されているとあります。この二つの国が何百年にもわたり世界を支配してきたという点が重要で、まさに今、「アトランティス崩壊」を私たちは目の当たりにしているのです。両国は経済を拡大するという口実で、戦争を引き起こし、他国や少数派を奴隷化し、再び偉大な我が国家を築き上げようとしています。今世紀最大の政治茶番劇が繰り広げられる中、確実にアトランティスは沈みつつあるのです。そんな中、どれほど危険なリーダーたちであるかという認識が広まり、人々の心を重視した真の〈パワー〉による目覚めが起きつつあります。


彼のフォースは、国旗を愛人のようにハグする姿で明らかに

 科学と哲学に見る現在のパワー;科学における最大の難題は、哲学における難題同様に「意識とはなにか?」です。非宗教的で論理的な回答を得た者は、今まで誰もいません。科学者たちは、未だに脳内の電気化学的スパークが愛の感情や記憶を引き起こしたり、音楽や芸術を生み出したり、さらにはスピリチュアルな目覚めの引き金にもなっていると信じ、その魔法のメカニズムを探究し続けています。「脳が意識をつくる」というひな型は、ちょうど先ほど述べた「フォースによる政治」と同じくらい急速に失敗に終わります。「脳が意識をつくる」という科学的根拠はまったくありません。多くの人々がそれを信じているから、それが真実だということにはなりません。今日のように優れた脳のスキャニングができるテクノロジーが発展しても、その証拠は見つかりません。

 もっとも崇高なヴィジョンを体験しているときに、脳波ほとんど活動していないということをご存じでしょうか? すなわち、霊的進化を体験しているときは、実際に脳の活動は停止していることを。なぜかというと、おそらく脳は3次元の現実に対処するためにあるからです。ちょうどテレビで「魔笛」のオペラを見ていても、モーツアルトに会えるわけではないのと同じように、あなたの複雑な感情や夢、ヴィジョンの源が頭蓋骨の中をいくら探っても見つかるわけがないのです。ちょうど進化のミッシングリンク(人骨を研究しても、いかに霊長類から突然人類に進化したのか見つからない)と同じように。

 詰まるところ、私たちは脳で生きているのではなく、脳はむしろ、見ることを元に現実をクリエートするために使っているのです。脳がマインド(意識)をクリエートするのではなく、マインドが脳を創るのであり、その脳によって世界が映し出されます。これが現在最先端の科学と哲学の見解となっています。この見解によって、科学と哲学の融合が起きます。

 科学者であり、哲学者でもあるベルナード・カストラップ博士がこの研究をリードしています。彼は、人工知能と再構成可能コンピューティングを専門とするコンピュータ工学の博士号取得者です。 彼は、ヨーロッパ原子力研究機構(CERN)やフィリップス研究所(量子場理論の「カシミール効果」が発見された)を含む世界有数の研究所の科学者として働いてきました。彼によると、私たちのすべての経験、宇宙も含むこの全世界すべてが、100パーセントメンタル的なものだと断言しています。近日中に彼にインタビューできることになりましたので、彼の偉業に関するさらなる情報を聞かせていただけると楽しみにしています。

 私たちはようやく奥深い仏教の教えを、脳の理解を通して紐解く時代に突入したわけです。「すべてはあなたの心のみ!」ですね。これさえ真の理解を得ると、とんでもない内なるパワーへの気づきが得られます。そこで「パワーか、フォースか」を書いたデヴィッド・ホーキング博士の見解との一致が生じます。


ベルナード・カストラップ博士

 環境活動に見る現在のパワー;スウェーデンのストックホルム近郊セーデルテリエの高校に通うグレタさんは、地球温暖化の危機を訴える学校ストライキなどで有名になり、昨年ダボス会議に招かれました。世界的な指導者たちが気候危機を解決することができないことに抗議して、彼女は学校ストライキ運動を始めました。彼女の行動は権力によって抑圧されている環境への深い配慮に基づいています。 インターネットのおかげでその力は急速に世界中に広まり、他の多くの学校もストライキを始めました。

 彼女のスピーチは、以下のような強力な声明から始めました:「ダボス会議のような場では、人々は成功事例を語りたがるのですが、実際今までの地球温暖化への取り組みは失敗しています。これを止めるには今ある社会のほとんどを変えなければいけないのです。世の中には白黒はっきりさせられないことが多いといいますが、それは真っ赤な嘘。グレーなんて存在しない。ただ、やるかやらないかだけ! 大人は子供に希望を与える責任があるというが、そんなものは、いらない! 大人に希望なんか感じて欲しくない。私は大人にパニックになってほしい。私が毎日感じている恐怖を感じてほしい。だって今まさに私たちの家(地球)は火事の最中なんだから。大人たちは私の将来を脅かしているのです!」

 彼女の行動は、権力に対して一人の人間ができることを私たちに示しています。 彼女にはお金も政治的力もありません。しかも若いですし、著名人でもありません。数ヶ月後に彼女は気候変動に関することを、ほかの会議で話すように頼まれました。 これは弱者で誰も知らない普通の人間が、真の変化を起こそうとする素晴らしい例です。

 健康と幸福に見る現在のパワー先日私は日比谷公園で雨が降り注ぐ中、30人ほどの人たちと一緒に立っていました。その日のアーシングイベントの参加者のほとんどが、女性でした。気温はわずか6度でしたが、みんな裸足になりました。自分の体にとって本質的に何が良いのかをすぐに理解してくれたので、驚きと同時に嬉しく思いました。「風邪を引くよ」と左脳が語りかけていたにせよ、アーシングが体にいいとみんな分かってくれたのです。イベントの最後は、2人の女性によってあみだされたアースダンスをやってとても楽しかったです。地球につながって踊りながら歌い、力を感じ、それを伝え広げることです。将来、日本のすべての都道府県で、あのような公園でのアーシングイベントが開催されることを、私は期待しております。また、「バカは風邪引かない!」という日本のことわざを証明しますよ!笑

 最近私は自分のポッドキャスト番組‘Real Rover’にて、カナダのネルソン市在住の東洋医であるマイケル・スミス先生にインタビューをしました。彼は古今東西の医療ついての豊富な知識を持っていいらっしゃいます。彼にはネイティブアメリカンの血を引いていることから、先住民の癒しについてもよくご存じです。彼は私たちがより健康になることができる方法を説明するために、とても面白いたとえ話を語ってくれました。

 馬を想像してみてください。馬は、あなたの魂の乗り物である肉体のたとえです。そしてあなたはその馬に乗っているウォリアーだとしましょう。あなたの心があなたの肉体を制御しているのですが、たとえ偉大なウォリアーだったとしても、よい餌を食べないで、定期的に運動しなくて病んでいる馬を思い通りに動かすことはできません。よって病んでいる馬は、その馬に乗っている偉大なウォリアーにも影響を及ぼすことになるのです。肉体と心の関係が安定すれば、ウォリアーはスピリチュアルな生き方にフォーカスすることができます。

 スミス先生は、それをカンフー、太極拳、気功、呼吸法、瞑想などさまざまな方法を通して教えておられます。中でも地域社会との良好な関係性を含むさまざまな方法を教えています。彼はアレルギーテスト、血液検査も治療の一環として行なっています。彼自身は鍼灸師兼漢方医であり、シャーマンです。十数年前に彼にスウェットロッジの儀式をしてもらうワークショップをカナダで行なったことがあります。彼のようなホリスティックな医者を、社会はもっと必要としています。スミス先生及び、ほかにも興味深い著名人へのインタビューは、後日エハン塾会員の方々にお届けできます。最初のインタビューは、超心理学者として世界的に知られているジェフリー・ミシュラブ氏です。字幕作業をしてくださったジューン・エンジェルさんに感謝いたします。


マイケル・スミス先生

 さて、もうすぐエジプトのワークショップです。私たちももちろんのこと、参加される皆さんもとても待ち遠しくされておられることでしょう。そのようなことで、古代エジプトの秘儀を長年探究され、女司祭でもあり、その分野で世界的に有名なニッキー・スカリー女史にも最近私はインタビューをお願い致しました。オレゴン在住の彼女と私たちは長年の交流があります。古代エジプトの神官たちがアクセスできた同じ〈パワー〉にいかに私たち個々がつながることができるかを、彼女は長年教えてこられました。


ニッキー・スカリー

ソニアは定期的にアイルランドのローナ・バーンさんに連絡をとっています。私も8月末に行ないますローナさんとのアイルランドワークショップのための現地アレンジを前もって行なっている最中です。ローナさんの本「奇跡のエンジェルコンタクト」も日本語で出版されましたので、ぜひお読みいただいてエンジェルコンタクトの知識をさらに深めていただきたいと思います。

今日となって私たちが深い内なる〈パワー〉にアクセス情報は、すでに揃っています。〈フォース〉は最終的にすべてを滅ぼすことになっているのです。

私たちの海外ワークショップに参加を予定されておられる方々は、最高の経験をご一緒できますようにワークショップまでに肉体、メンタル体、感情体の準備をどうか整えてください。

今回のメルマガでもお察ししていただけるように、世界的に今までになかったような大変化が現在起きています。スピリチュアルな内なる〈パワー〉が、現在世界に見られるようなあらゆる偏見、憎しみ、愚かさ、無知である〈フォース〉に打ち勝つことができるのです。

2019年3月8日
エハン・デラヴィ

 

エハンの日曜アーシング(日比谷公園)のご案内

4/7(土)お花見アーシング 10:30~11:30
5/5(土)端午の節句 10:30~11:30
参加お申込みはこちらから。


初回参加者にアーシングバッジをプレゼント!

—————————————-
3月3日 ひな祭りアーシング報告
—————————————-

雨の中、エハンさんとみなさんとアーシングが始まりました😄 雨の地面の感触、子どものとき以来かも! 最初、冷たくてどうしましょ、と思っておりましたが、午後から足も全身もポカポカにアーシングパワー!

<参加者の感想>
■アーシング大使エハン・デラヴィさん主催の日比谷公園、初めの会に行って来ました!いゃあ!超感動!アーシングは奥が深い!!!

■地球🌏とつながる事で、体内に電子が吸収され、還元作用で血流がよくなり血液は弱アルカリ性に!
多くの人の骨密度がアップし、身体の不調や痛みが改善されて健康体に!
エハンさんは高齢にも関わらず、骨密度167%で30代の数値になったとか!
また、薬や病院通いが必要なくなった人や水虫が治ってしまった人も!

■自然に内側に意識が向き、直感力が高まる。地球や動物、植物、鉱物との自然なつながりが感じられるようになり、動物はそのような人間だと分かり、近づいてくる。また、エハンさんの話しでは、銀河系宇宙の中心は日本の東京であり、東京都内の公園でアーシングを始める事には、深い意味があるそうです!まだまだ、深い話しがありましたが書ききれません。次回の開催は2月3日(日)です。

■ぜひ、また参加させていただきたいです。初めから笑顔と笑いがいっぱいのバイブレーション!🤣この内容で無料とは驚き‼️ぼくには10万円以上の価値を感じました!大変ありがとうございました!🙏

■本日はお陰様で充実した楽しいアーシングでした♡ 銀河系の中心の東京で来月もお会いできるのを楽しみにしております(=´∀`)人(´∀`=)

■今、風呂から上がって布団に入ったところですが、いつも真冬は電気カーペットで足を温めて寝るのですが、足の裏が、ジンジンと足ッボマッサージの後のような、痛た温かく、暑いので、足🦶を布団から出して寝れそうです。本日は、ありがとうございました。おやすみなさい😴💤

エハンさんは、毎朝の1分アーササイズをFacebookにUPされていますのでぜひご覧ください。

愛知ソニア

 ニッキー・スカリーさんが導く古代エジプトシャーマニズムのワークショップを、私がシアトルで受けたのは1995年4月のことでした。彼女によるとシャーマニズムとはひと言で、「ガイドに導かれる道」だと言います。ちょうどその年の9月にETシャアリと共に「宇宙文明を訪ねる旅」というテーマで、エジプトワークショップを開催しました。そして翌月の10月には、「アトランティスからのメッセージ」というテーマで、ミステリーサークルの第一人者であるコーリン・アンドリュース氏と陰謀論で有名なデヴィッド・アイク氏をお招きして、アイルランドとイギリスでのワークショップを行ないました。

 ローナ・バーンさんによる「奇跡のエンジェルコンタクト」が最近出版されましたが、ローナさんのエンジェルコンタクトがシャーマニズムに深く通じるものがあると、翻訳中につくづくと感じました。昔読んだシャーマニズムの原点ともいえる「ドン・ファンの教え」がふと頭に浮かぶときもありました。

 「エンジェルコンタクト」、「宇宙文明」、「エジプトシャーマニズム」、「アトランティス」、なんか全部つながっているように感じるのですが、まだすべてが明確にひとつと融合する奥の奥の真髄までは……。歴史は繰り返すといいますが、今まさにエハンが言っているように「アトランティス崩壊期」であり、混沌とした世の中になにかとてつもない宝が潜んでいるように感じます。

 エジプト神話の中のヘリオポリス創世神話に関わる九柱の女神A council of 9 あるいはエニアド=アトム、シュー、テフヌト、ゲブ、オシリス、イシス、ラー、トート、ネフティス(別の神と入れ替わる場合もある) 】のうちのトートはご存じの通り、2万年前に書かれたとされている「エメラルドタブレット」の著者です。トートはアトランティスの王で、アトランティスが崩壊する前にアトランティスの叡智を持参してエジプトに渡ったとあります。そのときトートだけではなくほかにも12の神々がエジプトに渡り、そこから地球の12の方位に散らばって古代文明を築いたとあります。イスラエル12部族の話とも重なるように思われます。そうなるともちろん、エジプトと日本コネクションも浮かび上がってきます。でもエジプトは、世界中のどの文明にも関わりがあることはたしかです。日本を含む世界中の古い寺院の構造からも、その関連性を見出すことができるでしょう。

 

ZOOMエハン塾 後期の募集を開始いたしました。


詳しくはこちらから。受講できない回は録画でご覧いただけます。

詳しくはこちらから。受講できない回は録画でご覧いただけます。

zoomエハン塾「意識の砦」(7分)

【zoomエハン塾】参加者の感想
■[zoomエハン塾]その後の動画配信も大変ありがとうございました(*^^*)初めての参加、講義を受けるのも何十年ぶりだったので最後にコメントと言われ頭が真っ白になりつつも何とか聞けましたが、エハン塾はやはり私には難しくもあり面白くもありました。確かにインターネットは凄いです!!

■心理戦についての講義大変楽しく受けさせていただきました。恐怖は思考を停止させてしまうことをたくみに利用する人たち。自分だけはそんなトリックにはだまされないぞと再認識した講義でした。しかし、19年20年とさらに激動となって来る中で、意図的なイベントが目の前に来たときに自分はどの程度まで冷静に判断、思考できるか、私なりの挑戦になると思っています。「疑問力」は今年の私のキーワードの1つとして活用させていただきます。次回のエハン塾楽しみにしています!

■Zoomのおかげで自宅でエハン先生のお話を聞くことが出来とてもラッキーだと思っています。この取り組みにとても感謝しています。講義の内容に関してはただただ「ショックであった」の一言です。

■お世話になっております。気づけば心理戦の中にどっぷり浸かって生きているのが、悲しくもあり悔しくもあり、何だかうまく言葉にすることができないのですが、とても勉強になりました。こんな風にzoomで講座を受けられるなんて、とても良いですね。次回が楽しみです。ありがとうございました。

愛知ソニアさんの待望の翻訳本「奇跡のエンジェル・コンタクト」大反響発売中です。

<皆さんからの反響>amzaonbookレビューより引用

新時代の聖書と呼ぶべき癒しの書
『エンジェルインマイヘア』からの大ファンです。つらい時、悲しいとき、絶望に暮れるときも、守護天使はいつもかならずそばにいて、無条件の愛で見守ってくれている。そう思うと、とても励まされます。試しに「あなたの愛を感じさせてください」と守護天使にお願いしたところ、なにげなく手に取ったスマホの画面に指が触れて、youtubeの画面が現れました。そして流れてきた曲はコニー・タルボットというイギリスの天才少女歌手が歌う、ブルーノ・マースの『カウント・オン・ミー』! きみが嵐の海を行く小舟なら、ぼくはきみを導く灯台になる。きみが眠れない夜は、そばで歌ってあげるよ。きみがどんなに大切な存在か、忘れてしまったときは、ぼくがいつも思い出させてあげる。泣きたいときは、いつでも肩を貸すから。どんなときも決して見放さない。いつでも呼んでくれ、ワン、ツー、スリーで飛んでいくよ、という歌詞なのです! そしてさらに、自動モードでつぎに流れた曲は、ワンダイレクションが歌う、エド・シーラン作曲の『リトルシングス』でした! きみは自分が太めなことや、録音された自分の声がキライとか、欠点ばかり気にするけれど、ぼくはそういうすべてを含めて、丸ごとのきみを愛しているんだ。ぼくがきみを愛する半分も、きみは自分を愛していない。でもぼくと同じ目で、きみも自分自身を愛してほしい、という内容なのです。
鳥肌が立つと同時に、嬉し涙があふれました。天使はきっといるに違いないと、今は心から思います。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています

●守護天使が一人の人間のそばをずっと離れない、その理由に感動した
生まれつき天使が見える奇跡のアイルランド女性ローナ・バーン氏の自叙伝。いわゆるエンジェルコンタクトのハウツー本ではなく、著者の日々の生活における天使との交流風景が主体ですが、間あいだに興味深いコンタクトのレッスン方法が記されています。2段組で380頁超とかなりボリュームがあるので、時間をかけてゆっくり読むといいかも。わたしはガーッと1日で読んでしまったのでかなり疲れました 笑

最初のほうに天使が羽を広げて見せてくれる場面があるのですが、鳥の羽根の形だけでなく、様々なシンボルや色を持つ羽根が含まれていて……という場面には思わず感嘆。天使が実際に見える人ならではの描写だなと思いました。人間には一人ひとり守護天使がついていて、かたときもその人の側を離れないという記述に思わず周りをきょろきょろ見回してしまいました(笑)が、そう思うと、心強い気持ちになれる気がしました。

「なぜ守護天使がわたしたちの周りを離れないか」の理由も書かれていますが、その理由には感動しました。よくスピ本で言われる「わたしたちはみな愛されて生まれてきた」が実感できる本。何度も読み返したい一冊です。

●愛知ソニアさんに感謝!
エンジェルインマイヘアが素晴らしい本でしたので、この本もとても楽しみにしていたのですが、愛知ソニアさんが翻訳されていて驚きました!そして心から感謝の気持ちが湧いてきました。私は数年前にドリーンさんの本で天使たちの存在を知りましたが、疑り深い私が初めて信じる事が出来たのが天使たちの存在でした。たくさんの人たちがきっと天使たちに救われているのでしょうけれど、私もその1人です。ドリーンさんが天使はいないとおっしゃって落ち込みましたが、私は天使たちを信じています。
ドリーンさんの本を読むようになり、その後プレアデス系や宇宙系の本もたくさん読むようになったので、愛知ソニアさんの存在も知る事が出来ました。そう考えると、ドリーンさんにも感謝です。
この本は前作の内容を超えているのではないでしょうか。
本を手に取った時に、不思議と温かさを感じましたし、読んでいると何度か涙が止まらなくなるのです。
ローナさんの子供達への思い、そして平和への思い、たくさんの人に読んでもらいたい本だなと思いました。(特に世界のトップにいる方たち)
翻訳をして下さったソニアさん、本当にありがとうございます。

【個人情報の取り扱いについて】
ご記入いただいた「メールアドレス」は、当「愛知ソニアオフィシャルサイト(運営:セブンシスターズ)」と出版元である「㈱ヒカルランド」で、今後、イベント情報のお知らせのためなどに使用させていただきます。

 

アイルランド天使コンタクトの旅 2019年8月27日~31日(日本着9/2)

人間天使“ローナ・バーンさん”のフィールドで、3日間集中的に天使コンタクト!他ではできない企画です。
ソニアさん、エハンさんとぜひご一緒に。定員になり次第締め切らせていただきます。

愛知ソニアのMAO/ミラクルアカシックオラクル 2019年10月19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)神戸
※リモート・ヴューイングのみの受講可能です。

リモート・ヴューイングのみの受講可能です。2019年10月19日神戸

アカシックレコードリーダー認定コース  2019年7月14日15日 神戸

★このセミナーは、「アカシックオラクルコース」「MAO」の受講経験者が対象になります。★再受講可能です。

世界的エンジェル・コミュニケーター ローナ・バーン氏来日決定!

ローナ・バーン氏来日記念イベント
2019年11月2日(土)講演会 11月3日(日)ワークショップ
募集開始いたしました。【超早割】2019年3月31日迄、先着50名様限定。

「奇跡のエンジェルコンタクト」をすでにお読みになられた方は、ローナさんが会場でひとり一人皆さんを祝福してくださると不思議なことが起きるということを知っていただけたかと思います。世界中でローナさんが引っ張りだこの理由は、実はそこにあるのかもしれませんね。彼女の来日は、おそらく一回きりのまたとないチャンスとなりますのでぜひこの機会をお見逃しなく!~ 愛知ソニア

 

プレゼントクイズの回答

回答:2014=H26

☆★たくさんのご回答をお寄せいただきました。ありがとうございました。
正解者の中から抽選で下記の方に「愛知ソニア誘導瞑想&睡眠誘導(5枚組CD)コレクション<魂の故郷を巡る旅> Special Edition」をお送りいたします。
血原 慎一様


最後までご覧いただきましてありがとうございました。

<引用・転載について>引用・転載される場合は、必ず【エハン&ソニアのWAKE UPジャーナル】とURLの表記をお願いいたします。
※youtubeなど動画配信サイト含め、コンテンツとしてのご利用はいただけません。