エハン&ソニアと行く「古代ケルトと天使の旅」

ケルティック・レインボー《ケルトの光》の旅へのお誘い ~愛知ソニア

私たちが来る2020年のケルトの旅を企画したのは昨年の夏でした。
ちょうどローナ・バーンさんが来日されていたころのことでした。
あれから十数名の方々から今回のケルトの旅のお申込みがあったあと
ご存じのとおり、コロナ騒動が巻き起こりました。
そのあと参加を検討されておられる方々も数名おられる状況にあります。

この旅は、一言でいうと「ケルティック・レイ」を
受け取る《癒しの旅》といえます。
エハンはそう呼んでいて、
わたしも《ケルティックRainbow》として、
遠い彼方の国からスピリットの誘いを受けて
この旅のエネルギーを感じ取ってきました。
旅への道案内をしてくれる
アンジェリックな光に灯されながら。

次の段階の自分にとって
なにか癒されるレインボーのエネルギーを
わたしたちは感じ取って、またもや
ケルトの地への約束を申し出た次第です。

すでにこの旅に参加をコミットされておられる方々とともに
今回もまさに新しいポータルを
地球のどこかに開くというお役目というか、
なにかそんなものをこころに抱いておられる
日本の方々への配慮であると、
最近つくづく思っております。

前回のメキシコワークショップに続き、
これからケルトの門を開くところに
いまやっとたどり着くことができました。
皆さま方のご健康に祝福を!
いつも
ありがとうございます!

さて、ケルトの地には、
いったい
どんなエネルギーが待っているかというと、
それは参加されてからのお楽しみに!
そしてチャクラのさらなる解放と共に
レインボーの光と
各扉を音で開くことに関係もしているようです。

もちろんケルトの地は、
エハン・デラヴィの故郷であり、
そこと巫女つながりがある
アトランティスのであることに
どうも関係しているような、
まさにアトランティスの記憶体験ツアー
と別名をすり替えてもよいほど
面白い旅になることはまちがいないです。

ただし、世界が再稼働するまでは
なんとも言えません。

この旅にすでにコミットされた方々も含めて
そしてこれからコミットされる皆さんも
ケルトの光を日本に持ち帰り、
それを灯すことできっと
アトランティスの記憶を
いっそう甦らせることができ、
鮮明にさせるDNAの記憶にスイッチを入れる
魔法のパワーを得る旅となるでしょう。

毎回私たちの旅のテーマは異なります。
そして、もちろん
妖精たちの次元を、そしてなによりも
ケルトの天使たちに導かれて
美しい自然界に触れながら巡る旅
そのエネルギーを吸収できる旅には
ちがいありません。

ケルトの自然が与えてくれる
魂の癒しとともに《希望の光》を
和の国に持ち帰るミッションを感じておられる方
ぜひどうかご参加くださいませ。
5月末日までにお申し込みくださった方には
特別なギフトを用意しております。

そしてなによりも早々に
日本⇔欧米ルートが再開されますことを!
そして私たちが安全な旅ができるように
この旅を応援してくださる皆さま方もぜひ
いっしょに祈ってくださいませ。
よろしくお願いいたします💖

ケルトの旅:エハン &ソニアと行くスコットランド&アイルランド 
★動画の最後に「ケルトの旅:いく予定の場所」の小窓が現れます。そこをクリックしていただくとこの旅で訪ねる素晴らしい景色がご覧いただけます。

スケジュールは、現地の状況や天候になどにより変更になる場合がございます。

1日目 2020年9月8日(火)

関⻄空港発1 0 : 2 5
アムステルダム着1 5 : 0 5

専⽤⾞にて、アムステルダム市内観光

乗継までの時間を利用して、絵本のような街、アムステルダムの市内観光をいたします。

アムステルダムはオランダの首都で 17 世紀の黄金時代を今に伝える芸術遺産、優れた運河システムや切妻屋根の狭い建物などで知られています。ミュージアム広場にはヴァン・ゴッホ美術館、レンブラントやフェルメールの作品を収めた国立美術館、モダンアートを展示する市立美術館が集まっています。

空路直⾏便にて、ダブリンへ
アムステルダム発 2 1 : 4 5
ダブリン着 2 2 : 2 5

ダブリン到着後、専⽤⾞にてホテルへ

ダブリン泊

2日目 2020年9月9日(水)

ニューグレンジ&タラの丘観光(ツアー利⽤になります)

ピラミッドより古い!?古代人類のルーツを知るアイルランドのニューグレンジ遺跡

ニューグレンジは、アイルランド・ミース州のブルー・ナ・ボーニャ遺跡群にある羨道墳の1つ。世界的にも有名な先史時代の遺跡の1つであり、アイルランド島で最も有名な先史時代の遺跡である。1年で最も日が短い冬至の明け方、太陽光が長い羨道に真っ直ぐ入射し、部屋の床を短時間だけ照らすように建設されています。

本来のニューグレンジは、紀元前3100年から紀元前2900年の間に建設された。つまり約5000年前のものである。放射性炭素年代測定によれば、エジプトのギザの大ピラミッドよりも500年ほど古く、ストーンヘンジよりも約1000年先行しています。

謎の渦巻き文様

遺跡の入り口の巨石や、通路の壁面、天井には見事な渦巻き文様が描かれています。

冬至の朝、羨道に射しこむ太陽光線

夕方、ホテル到着後、専⽤⾞にてトーマスタウンへ移動

途中、ドライブインに⽴寄ります。夕食はご⾃⾝でご購⼊下さいませ。

トーマスタウン泊

 

3日目 2020年9月10日(木)

【スペシャル企画】ローナ・バーン氏「天使コンタクト」ワークショップ

ローナ・バーンさんの故郷をお訪ねして、終日、天使ワークを開催していただきます。
ローナさんのお人柄と創り出す天使フィールドに誰もが魅了されてしまいます。
この旅だけのスペシャル企画ですのでどうぞお楽しみ!

ローナ・バーン
全世界ミリオンセラー・30言語で著作翻訳のベストセラー作家
カトリック教会も認めた天使コンタクティ

わたしが二歳のとき、医師は「この子は知的障害だ」と診断を下し、母に伝えました。
赤ちゃんのころから、わたしがいつも自分だけの世界にいるようだと、母は気がついていました。
ベッドに横たわる自分に屈みこむ母の姿を、わたしは今でも覚えています。母のまわりに何か素敵な、虹の七色に明るく輝くものが見えました。わたしよりずいぶん大きいけれど、母よりは小さく、三歳児ほどの大きさでしょうか。羽のようにふわふわ漂っています。

わたしは手を伸ばして触ろうとしたものの、うまくいかず、美しい光を放つその姿にうっとりと見とれていました。
そのときはまだ、自分がほかの人と違うものを見ているのだということを理解していませんでした。それが天使と呼ばれる存在だということを知るのは、ずっとあとになってからです。

誕生から数カ月後、いくら注意を引こうとしても、わたしがどこかよそを見つめていることに母は気づきました。実のところ、わたしは別の場所にいました。その場を離れ、天使たちがおしゃべりしたり遊んだりしているのを眺めるのに、すっかり夢中になっていたのです。

わたしは言葉を覚えるのは遅かったものの、非常に幼いころから天使たちと会話をしていました。
自分たちにだけ分かる言葉を使うときもあれば、言葉はまったく必要ないときもありました。お互いの考えが分かったからです。
~ローナ・バーン「エンジェル・イン・マイ・ヘア―天使はいつもあなたのそばに」より

終了後、専用車にてベルファーストへ移動

途中、ドライブインに⽴寄ります。夕食はご⾃⾝でご購⼊下さいませ。 

ベルファスト泊

4日目 2020年9月11日(金)

専⽤⾞にてジャイアンツ・コーズウェーへ(観光2時間)

自然の脅威と謎 ジャイアンツ・コーズウェー

ジャイアンツ・コーズウェーは、イギリス・北アイルランドにある、火山活動で生まれた4万もの石柱群が連なる地域。アントリム州ブッシュミルズの北2kmに位置する海岸線にある。

1986年にユネスコの世界遺産に登録され、翌年には北アイルランド環境省 によって自然保護区に指定された。2005年には『ラジオ・タイムズ』誌 (Radio Times) の読者投票で、「イギリスの最も偉大な自然の驚異」ランキング第四位に選ばれている。ジャイアンツ・コーズウェーは、ナショナル・トラストによって管理されている。

ジャイアンツ・コーズウェー(「巨人の石道」)の名は、アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールに因む。伝説では、彼がスコットランドの巨人ベナンドナーと戦いに行くためにコーズウェーを作ったとされる。

フィン・マックールはスコットランドへ辿り着く前に眠くなってしまった。フィンがいつまで経っても来ないので、ベナンドナーは彼を探すために橋を架けた。ベナンドナーがフィンよりも大きいことを見て取ったフィンの妻ウナは、フィンに毛布を掛けて、フィンが子どもであるかのように見せかけた(異伝では、ベナンドナーの大きさを見て逃げ出したフィンは、赤ん坊のふりをさせてくれと妻に頼んだ)。ベナンドナーは、「赤子」の大きさを見て、父のはずのフィンはもっと大きいのだろうと推測した。そして、恐れをなして、コーズウェーを蹴散らしつつ逃げ出したという。

異伝では、妻ウナが岩に彩色してステーキに見せかけたものをベナンドナーに出し、「赤子」のフィンには普通のステーキを出したところ、「岩のように硬い」はずのステーキを「赤子」が易々と食べるのを見て恐怖したベナンドナーが逃げ出した、というものもある。

コーズウェーの伝説に対応する伝説は、スコットランドのスタッファ島のフィンガルの洞窟 (Fingal’s Cave) にも見られる。

柱状節理(ちゅうじょうせつり)

火山性の玄武岩や安山岩に五角形ないし六角形の柱状の割れ目が生じ、蜂の巣に似た形を示した岩石の柱が集合したものです。 マグマが冷えて固まる際に、収縮して生じ、これらが地表に流出した熔岩流の近くで、しばしば観察されます。 日本では北海道の層雲峡、福井県の東尋坊、兵庫県の玄武洞などが有名です。

さて、柱状節理といえば、近年大きな話題となったこの動画が思い出されます。
もちろんこの説に反論もあります。実際のところはどうなのでしょうか。
現地に行ってこの目と体で感じてみませんか?

『この地球に山や森は存在しない』 (前編)

『この地球に山や森は存在しない』 (後編)

「デビルズタワーは巨木の切り株である」という説

観光後、専⽤⾞にてベルファスト
フェリーにてケイルンライアン
到着後、専⽤⾞にてエジンバラ

途中、ドライブインに⽴寄ります。夕食はご⾃⾝でご購⼊下さいませ。 

エジンバラ泊

5日目 2020年9月12日(土)

専⽤⾞にてエジンバラ市内観光&近郊観光へ


エジンバラ城

エディンバラ城は、スコットランド・エディンバラにある城。キャッスル・ロックという岩山の上に建つ古代からの要塞で、エディンバラのシンボルである。スコットランドでは、グラスゴーのケルビングローブ美術館・博物館に次いで多くの観光客が訪れている。人間の定住は紀元前9世紀前後からといわれている。城内で最も古い12世紀初期の建築物であるセント・マーガレット教会堂を除くと、城の建築物のいくつかは16世紀以前のものである。

多くの城がそうであるように、エディンバラの要塞は軍事活動の中心地だった。エディンバラ城はいまだにセレモニー用として駐留部隊のいる数少ない城である。かつてはロイヤル・スコッツ連隊やロイヤル・スコッツ・ドラグーン・ガーズ連隊の本部があった。1915年に陸軍がレッドフォード兵舎へ移ったとはいえ、城と陸軍のつながりは深い。朝6時から9時まで城の城門に歩哨が立ち、スコットランド王の宝冠の警護に当たっている。

ホーリールード宮殿

ホリールード宮殿は、スコットランドのエディンバラにある宮殿。正式名称はホリールードハウス宮殿(The Palace of Holyroodhouse)である。1128年にデイヴィッド1世によって建てられた寺院が前身である。15世紀から、スコットランド国王夫妻の住居として使われてきた。現在、宮殿はエリザベス2世の夏季の滞在地として使用されている。

ロズリン礼拝堂

かつて聖マタイの大学礼拝堂として知られていたロスリン礼拝堂は、スコットランドのミッドロジアンのロスリン村にある15世紀の礼拝堂です。 ロスリンチャペルは、15世紀半ばにカトリックの大学教会としてロスリングレンの上の小さな丘の上に設立されました。ロスリン礼拝堂は、礼拝堂でありながら、宗教的な建造物としてではなく、昨今の大ヒット映画「ダ・ヴィンチ・コード」のロケ地としてとても有名になりました。

ロスリン礼拝堂(Rosslyn Chapel)は、礼拝堂、となっていますが、当初は、いわゆる礼拝のための建物ではなかったとされています。これは、建主のサー・ウイリアム・セント・クレアが、テンプル騎士団、そして、秘密結社フリーメイソンに所属していたことから、仲間内の集会に使うために建てたと言われているからです。

ロスリン礼拝堂は、外観もさることながら、中に入るとさらに驚くほどの精緻な彫刻が、柱や天井などの細かい部分に至るまで施されていることに目を見張ります。それは精霊の姿、人の顔、草花、紋章などですが、それぞれが少しおどろおどろしいものも多くあることが特徴的です。有名な師弟の柱は、あまりにも素晴らしく、嫉妬した師匠が弟子を殺してしまった、という、いわくの柱だそうです。

内部にびっしりと施された美しく繊細なレリーフの中でも、例えば、コロンブスの新大陸到達前の1446年にこの礼拝堂が建てられたにも関わらず、当時アメリカにしかなかったトウモロコシやサボテンなどの植物や作物をモチーフにしたものがあったり、ケルト神話の豊穣のシンボルでもある「グリーンマン」が100体以上も彫られていたり、解明されていない謎が数多くあるのです。

引用元:https://wondertrip.jp/19294/「ヴィンチ・コードのロケ地『ロスリン礼拝堂』は映画以上にミステリアスだった」より

途中、市内にて昼食

市内にて夕食

エジンバラ泊

6日目 2020年9月13日(日)

専⽤⾞にてThe Scottish Crannog Centre

スコットランドの美しい歴史的な家屋を訪れます。
スコットランドの伝統的生活を見ながらスコットランドの歴史を学ぶことができます。

専⽤⾞にて、ピトロコリー

夏目漱石が訪れたちいさなスコットランドの村
ピトロッホリー付近には2つのウィスキー蒸留所、エドラダー蒸留所とブレア・アソル蒸留所があります。蒸留所へは時間の余裕を見て立ち寄ります。

途中、昼食は各自お済ませください。

専⽤⾞にて、インヴァネス

ゲール語のケルト音楽と夕食『HOOTANANNY』

スコットランドの伝統的な音楽(生演奏)を聴きながら食事を楽しみましょう。

インヴァネス泊

7日目 2020年9月14日(月)

専⽤⾞にて郊外観光へ

アーカート城

アーカート城は、スコットランドハイランド地方のネス湖そばにある。 アーカート城の位置は、インヴァネスの南西21km(13mi)、ドラムナドロッキットの東2km(1.2mi)、A82の道路沿いである。 中世初期の要塞の上に、13世紀から16世紀にかけて建造されたが、現在は廃墟となっている。

13世紀に創設され、14世紀にはスコットランド独立戦争の舞台となった。 その後は王城となったが、マクドナルド一族のアール=ロスには何度も襲撃された。 1509年、城はクラン・グラントに下付されたが、マクドナルドとの争いは続いた。 その後も城は幾度か急襲を受けて増強されたが、17世紀の中ごろには打ち捨てられた。 アーカート城は1692年、ジャコバイト軍の手に落ちるのを阻止するため、部分的に爆破され、荒廃した。 20世紀に州の管理下に置かれ、市民に公開されるようになった。 現在は、スコットランドでも最も観光客の多い城となっている。


ネス湖

ネス湖は、イギリス・スコットランド北部ハイランド地方にある、イギリス最大の淡水湖。グレート・グレン断層(英語版)の北東端に位置する。長さが約35キロメートル、幅約2キロメートルの、非常に細長い湖。水深は最大で約230メートル。ラムサール条約登録地である。スコットランドの湖沼のうち面積では、ローモンド湖に次いで2番目の大きさ[1]。貯水量はグレートブリテン島で最大]。インヴァネス(ネス川の河口を意味する)の南西約10キロメートルに位置する。


ネス湖畔のネッシー博物館にあるネッシーのイメージ銅像

スカイ島

スカイ島は、スコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島の最も北方に位置する最大の島。ゲール語の”sgiath”は、「翼」の意。

「スカイ (Skye) 」の名前は古ノルド語の「Skið」(「スキー」の意)に由来し、ローマ時代の記述にある「Scitis」(『ラヴェンナ・コスモグラフィ』に見られる)、「Scetis」(同プトレマイオスの地図に見られる)と同じくピクト語からの変形である。この島と神話上の神スカアハとを関連づけ伝説もいくつかある。スカイ島は、Eilean a’ Cheò(イリアナ・ヒョー、即ち「霧の島」)という名でも知られる。

スカイ島の人口は2001年で9,232人。他のスコットランドの島とは対照的に1991年の統計よりも4%の増加を示している。夏には多くの旅行客や訪問者で人口が増加する。主な産業は観光、農業、漁業、ウィスキーの蒸留などである。島の中心となる町はポートリーで、絵画のような美しい港で知られている。

地方行政区画としてはハイランドに属する。スカイ島は壮大な風景、活気に満ちた文化や文物、イヌワシやアカシカ、アトランティックサーモンをはじめとする豊かな野生生物で知られている。

途中、ドライブインに⽴寄ります。昼食はご⾃⾝でご購⼊下さいませ。

ホテルにて晩餐会

インヴァネス泊

8日目 2020年9月15日(火)

専⽤⾞にてインヴァネス空港


✈空路直⾏便にて、アムステルダム

・インヴァネス空港発:0 6 : 2 5

・アムステルダム着:9:00

・アムステルダム到着後、お乗り継ぎ

・アムステルダム発:14:40

✈空路直⾏便にて、関⻄空港へ

【機中泊】

9日目 2020年9月16日(水)

関⻄空港着:0 8 : 5 5

 

募集要綱

イベント名 エハン&ソニアと行く「古代ケルトと天使の旅」
ナビゲーター・講師
エハン・デラビィ

意識研究家・講演家・作家・世界探検家。人間の意識改革について、世界各国を歩き探究し続ける。エハン塾主宰
愛知ソニア

翻訳家、作家、プレアデス集合意識体コンタクティ、アカシックレコードリーダー 詳しいプロフィール
日 程 2020年9月8日~16日 7泊9日
出発・到着空港 関西空港
往:2020年9月8日(火)10 : 2 5 ★集合:8:00予定
復:2020年9月16日(水)8 : 55
日本からご出発される方は同一フライト(往復フライトともに関西空港の利用)が参加条件になります。海外から出発される方は、個別にご相談ください。
※最寄の空港から関空までのフライトにつきましては、個別にご相談ください。
参加費

528,000円(税込) ※内、15万円を申込金とさせていただきます。

※この金額には、往復のフライト代金、現地での移動費(フェリー等)、宿泊費、食事代(一部個人負担あり)、観光スポット入場料金など7泊9日の旅程すべての経費が含まれています。

【下記別計になります】
上記に加えて別途、関西空港使用税(¥3,100-)燃油サーチャージ(¥30,850-)、
国際観光旅客税(¥1,000-)、現地出入国税(¥4,710-)かかります計39,660-
※燃油サーチャージの増減があった場合、返金または徴収いたします。

お部屋は、基本2人部屋になります。お部屋を一人でご使用の場合は、別途料金かかります。
シングル追加代金は、¥92,000です。★お一人部屋のご希望は、お申込み時にお知らせください。

定 員 25名

 

参加対象者
当イベントは、エハン・デラヴィ氏、愛知ソニア氏と一緒に旅をすることに醍醐味がございます。そのため動画やブログやSNSの読者、書籍・セミナー・講演会・イベントなどでご存知の方を対象とさせていただきます。お二人を直接的にご存じなくても構いません。「お二人と一緒に旅がしたい」というお気持ちの方であれば大歓迎でございます。
旅行の詳細について お申込み確定者に個別にご案内いたします。
主 催 一般社団法人 アースリングファウンデーション
お問い合わせ お問合せフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ:セブンシスターズ 山本那珂子
330907728878633<頭と後ろの33を無視してください>

約・免責事項
お申込の確定について 申込金15万円(税込)のご入金の確認を持ちまして、お申込みの確定とさせていただきます。お申込み日より3日以内にお振込みください。口座振込クレジット決済が可能です。
申込金について 旅費528,000円の内、15万円は申込金となります。

申込金15万円(税込)は、旅程通してのエハン・デラヴィ、愛知ソニアの講師料およびローナ・バーン氏のワークショップ料になります。個人事情のいかなる場合もご返金いたしませんので予めご了承ください。

当方の事情、もしくは社会情勢等で催行できない状況になった場合、全額ご返金申し上げます。なお、個人事情によるキャンセルの場合は、上記に記載の通りご返金いたしませんので予めご了承ください。

申込金を除く参加費

378,000円(税込)について

本旅行提携先H.I.Sへのお支払いになります。H.I.Sご担当者との直接のやり取りをお願いいたします口座振込クレジット決済が可能です。
※お支払い時期の目安:お申込確定後、H.I.Sからお手続きのための書類が届きます。書類到着後、1週間以内に頭金8万円程度、残金を2020年6月末~7月上旬(予定)にお支払いください。詳しくは、送付書類またはH.I.Sご担当者にご確認ください。
キャンセルについて
H.I.Sとのご契約になりますのでH.I.Sのキャンセル規定に則ります。
フライトチケットの購入ついて フライトチケットの購入につきましては、提携先H.I.Sのご担当者よりご購入いただくことが必須になります(マイルはご使用いただけません)。海外からご参加の場合も同様に必須になります。※参加費にはフライトチケット代が含まれています。
旅行保険について H.I.Sの旅行保険の加入が必須になります。詳細は、提携先H.I.Sのご担当者にご確認ください。
右記に当てはまる方は、ご参加いただけません。 ・上記、規約・免責事項に同意いただけない場合
・命にかかわる重篤な症状を抱えていらっしゃる場合
・現在、入院中である場合
・現在精神的な疾患をお持ちの方又は治療中の方。
・現在精神的な疾患を治療中で薬(精神を安定させる薬含)を服用中の方。
イベント中の営業行為の禁止について。 トラブルを避けるためイベント中の営業行為は禁止いたします。営業名刺を配る行為もお控えください。
免責事項 申込金を除く参加費378,000円につきましては、提携先H.I.Sとの直接のご契約になります(フライトチケット含)。本件、本契約に関しまして、一般社団法人アースリングファウンデーションは、すべての責を負いません。予めご了承の上、お申込みください。

必ず、上記「募集要項」の内容をすべてご確認いただき同意の上、お申込みください。

ご質問がある場合には、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

 

今年5月に開催いたしました「エハン&ソニアと行くエジプトの旅」のレポートです。

参加者の感想

◆どう言葉にしていいのか分からない不思議な、素晴らしい、濃密な、空間の連続でした。こんなことになるなんて、思ってもいませんでした。帰って来て、通常の仕事が始まりましたが、幸せ感がバージョンアップ⤴️しています。同じ事をしているのに、楽しさが軽やかさが増しています。これからさらにどんな変化や気付きがあるのかワクワクです。ほんとうにありがとうございました。
◆ソニアさんの瞑想ワークも、それぞれの神さまのエネルギーと同調させていただき、素直に受け入れ、交感ことができたのも素晴らしかったですが、最後のサッカラでのクラウンチャクラのワークでは、自分の各チャクラが地球の底深くから宇宙の真っ直ぐ上の方まで貫いていったのをしっかりと感じ入れることができ、素晴らしく感動しました。エハンさんのレクチャーは、とても新鮮、且つ同調できる事ばかりでしたが、お話の中や瞳の奥に懐かしさも感じてしまいます。
◆エジプト旅行に参加することを決めたのは、エハンさんとソニアさんの企画だからただの普通の観光ではなく何かが私の中で芽生えると思ったこと。覚醒オアシスに参加する為に通った道、そこの(三宮のビル)屋上にツタンカーメンの黄金のマスクを発見して、ツタンカーメンに導かれてると何故か思ったこと。エジプトに呼ばれてる。ピラミッドに呼ばれている。宇宙人が私に今ここにこいと呼んでいると思っていました。それは間違いではなかった。エジプトでは面白い摩訶不思議体験をしました。私にとってこの旅は愛を知る旅だった気がします。これからの私の人生で何か起きた時にもエハンさんが言ったこの言葉を思い出していこうと思います。
◆エジプトの旅は本当に濃く美しい覚醒の連続でした!
◆今回のエジプトの旅は、エハンさんとソニアさんとご一緒しているからこその濃厚濃密&ミラクル三昧のパーフェクトシナリオの旅でした。お二人のすごさを言うのは照れますが、すごいものはすごい!